ご葬儀費用について

葬儀の費用についてのご案内

安いからという理由で葬儀を決断するのは非常に危険です。

料金プラン
おおのは明確な料金設定で、どんなご希望にも精一杯お応え致します。安心してお任せ下さい。ご葬儀のすべてを真心のこもったサービスでお手伝いさせていただきます。

ご葬儀費用シミュレーション
予想会葬者数などを入力して頂くだけで、お葬式で葬儀を執り行った場合の大まかな金額がわかるお見積りシミュレーションをご用意いたしました。

ご葬儀費用の見積依頼
費用の面でのご相談をさせて頂きますが、費用が安いという理由だけで葬儀社をご紹介致しません。しっかりとした安心できる葬儀社をご紹介致します。

葬儀の費用

一般的なおおよその葬儀費用

葬儀の内容と同じで、葬儀に掛かる費用に関して、わからない方が多いと思います。地域や葬儀内容により大きく異なりますが、一般的なおおよその葬儀費用はおおよそ、~200万未満 の方が多い傾向があります。※地域や葬儀内容により大きく異なります。

葬儀ができる最低費用

ご納得頂ける葬儀内容や、参列者の人数は、人により異なり明白は金額を表示することはできませんが、110万前後に費用を抑えることはできるのではないでしょうか。※地域やご納得頂ける葬儀内容、参列者の人数により大きく異なります。ただ、注意点として、葬儀を後悔している多くの方が、中途半端な葬儀をしてしまった方です。わからない事や不安な点はご相談下さい。

お布施の費用

これも上記と同じで、地域や宗派、お付き合いの程度などで大きくことなりますがおおよその目安として~50万未満ではないでしょうか。※地域や宗派、お付き合いの程度などにより大きく異なります。上記の目安はおおまかで正確ではないため、直接お寺に聞いて頂くのが一番良いです。わからない事や不安な点はご相談下さい。

葬儀費用明細・葬儀費用関係

※地域や葬儀社により大きくことなりますので、おおまかな目安としてご覧下さい。

項目 費用(単位:円) 備考
祭壇 300,000~ 仕様によって異なる
60,000~ 仕様によって異なる
ドライアイス 8,000~10,000 1回分
枕飾り祭壇 15,000~30,000
後飾り祭壇 15,000~30,000
受付・文具 10,000~15,000
看板 15,000~35,000 大きさによって異なる
お別れ花 7,000~30,000

葬儀費用明細・葬儀社が一時的に立替るもの

項目 費用(単位:円) 備考
搬送費 15,000~ 距離によって異なる
霊柩車 25,000~ 距離によって異なる
マイクロバス 50,000~ 距離によって異なる
盛篭 15,000~
式場費 民営 200,000~500,000 場所によって異なる
公営 50,000~100,000 場所によって異なる
火葬料 民営 50,000 場所によって異なる
公営 0~30,000 場所によって異なる
通夜料理 2,000~3,000 1人当たり
精進料理 3,000~5,000 1人当たり
返礼品 1,000~3,000 1人当たり

葬儀が高い理由

葬儀にかかる費用の大半は人件費です。少なくても10以上の人間が3日程度の間、表に現れるスタッフだけでなく、参列者の案内、霊柩車の運転、会場の手配、会場の準備、祭壇の組み立て、料理等の準備、など裏側で動いています。こうした理由から葬儀が安くないものであるのがお分かりになると思います。よって、安いからという理由で葬儀を決断するのは非常に危険ですので、必ずご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。

セット料金をよく知る

下記のように、葬儀には祭壇料タイプとセット料タイプがあります。ご希望に沿う内容であるかを、説明してもらいましょう。安さにひかれて内容がずさんな葬儀になり、後悔しないよう、しっかりとした見極めが必要です。わからない事や不安な点はご相談下さい。

お葬式の内容と比例する【 祭壇料 】
祭壇とはお葬式の時に、一番前に配置されているものです。そして祭壇料とは、祭壇のレンタル料のことで、場合により、人件費等の経費が入っています。ですので、様々な祭壇がありますが、規模の大きな葬儀となると、それにそった祭壇になり、それに掛かる経費も重なり、費用も高くなっていくということです。
料理や香典返しなどが入っていない【 セット料 】
葬儀のセットには、葬儀の規模により前後する、料理や香典返し等が入っていない場合があります。葬儀社によりセットの内容は様々です。葬儀のセットには何が含まれているかをよく確認し、しっかりとした説明をしてしてくれる葬儀社であるかに注意する必要があります。必ずご確認下さい。

見積書を見る時のポイント

変動費 参列者の人数によって変動する、料理やお返しものの変動費が見積もりの中に記載されているか、確認して下さい。葬儀社によってはその変動費を含めない見積もりをする場所もあります。
総額 追加料金等がないか、見積もりの金額で全てが行えるかどうかを確認する必要があります。
不明な項目 とにかく分からない項目は、葬儀社にお聞き下さい。そこで、明確な説明をしてくれない葬儀社には注意が必要です。

極端に安い葬儀社への注意

安いから良くないというのではなく、安すぎて安易な葬儀になっていないかをよく確認する必要があります。見積もりの適切な説明があるか、一方的なしゃべり方ではないか、葬儀社の人柄等、必ず確認して下さい。見積もりだけで葬儀を決めてしまうのは非常に危険です。大切なのは、後悔しない、しっかりとした葬儀をする事です。

  • お気軽にお問い合わせ下さい。