仏壇・お墓・位牌について

故人への思いは家族への思いです

仏壇を置かない人が増えておりますが、仏壇に向かって故人と対話することで、グリーフケアになります。四十九日の法要の後、用意するのが良いです。又、故人への思いは家族への思いです、お子さんの教育の一貫として、その家族の繋がりを見せる事も良いのでないでしょうか。

墓地の種類

種類 内容
寺院墓地 お寺が管理している墓地で、お寺の境内にあり、大抵はそこのお寺の檀家になることが前提です。お寺について、又どんな住職かを確認しましょう。
公営墓地 地方自治体が管理・運営し、役場に申込みをする必要があります。メリットとしては、永代使用料や管理費が安く、宗教的制限がない事ですが、申し込みの条件として、現住所がその自治体にある事、お墓の継承者がいる事、遺骨があるなど、場所によって様々ですので確認する必要があります。
民営墓地 財団法人や社団法人が運営していたり、宗教法人から委託を受けて民間が運営していたりします。宗旨や宗派は自由で、申込みの制限も公営墓地に比べればほとんどありませんが、永代使用料や管理費が高い事が特徴です。

墓地の選ぶポイント

種類 内容
宗旨・宗派 宗旨や宗派が自由のところもあれば、そうでないところもありますので、確認する必要があります。
立地 向かうのに不便な場所はなるべく避け、どういった場所なのかを確認する必要があります。
価格 永代使用料や管理費、お布施、墓石代、が掛かってきます。お見積もりを確認する必要があります。
設備 管理事務所や法要設備、駐車場、休憩所などがあるか確認する必要があります。
環境 日当たりが良く、風通しも良いところ、そして水はけなどの環境も良いところか確認する必要があります。
管理 墓地の管理体制がしっかりとしているか確認する必要があります。

墓石のデザインと材質

お墓は長年使用する為、風化しにくい石が望まれます。和型・洋型・ニューデザイン型がありますが、材質た価格をよく確かめる必要があります。又、それらは基本的に制限はありませんが、霊園によっては制限があったり、石材店によっては得意不得意がありますので、一度確認してみたほうが良いでしょう。

位牌について

位牌とは、故人の霊をまつるため、戒名を書いて仏壇やお寺の位牌壇に安置する木製の牌をいいます。日本人の先祖を大切にする供養方法として、定着しました。仏式で葬儀を行うと、お通夜、告別式にはお寺さんから戒名を書いた白木の位牌を頂き、中陰壇に飾ります。白木の位牌は四十九日迄の仮の位牌で、四十九日迄に黒塗りの本位牌を用意する必要があります。

  • お気軽にお問い合わせ下さい。