我が家に合うご葬儀

様々なスタイルの葬儀のご紹介

お葬式には様々なスタイルがあります。後悔やトラブルがないよう、様々なスタイルをご紹介致します。漠然としているイメージがあると思いますが、私たちはそのイメージを少しづつ具体的にしていきます。無理はご提案などは一切致しません。安心してご相談下さい。

一般的な葬儀 お別れ重視の家族葬・密葬
厳密な定義はありませんが、本来より行われている、関わりのあった方達と一緒に故人とのお別れをして頂く形式を一般葬と呼びます。式の内容・参列者数などに応じて式場選びを行います。又、多くの列席者様が来られるため、葬儀前には、指差し看板や忌紙などの準備を行うこともあります。 家族葬は、家族だけの葬儀というわけでなく、親しい間柄の者だけで行う葬儀の事です。ゆっくりと故人とのお別れがしたいという方が多いです。又、費用面も気にされて家族葬を選択する方もおりますが、豪華に行う事も出来ます。密葬とは、案内や告知をせず行う葬儀の事です。
簡素な葬儀 音楽で送る音楽葬
葬儀にはグレードがあり、葬儀社に任せると、希望している葬儀よりも豪華になってしまうケースもあります。必要なもの不必要なものを選ぶ、そして、会葬者の人数を少なくするということで出費を抑えることが出来ます。大切な事は、心を込めて故人とのお別れをする事です。簡素化した葬儀がいけないという事ではありません。 これも一般葬と同じで音楽葬という厳密な定義があるわけではありません。故人とのお別れを、音楽で演出するという事です。クラシック音楽であったり、ポピュラー音楽であったり。又、音楽のかけかたもCDで流す場合、演奏者を手配する場合と様々です。基本的には故人が生前好きだった音楽を流します。
故人を表現した葬儀 花で送る花祭壇の葬儀
故人の好きだった趣味を展示する、故人のビデオを上映するといった、故人の人生を表現した葬儀です。会葬者に改めて故人を知ってもらい、お別れをしてもらいたいという願いからです。対応した葬儀社はまだまだ少ないのが現状ですが、ご希望に添えるよう、精一杯の努力を致します。 白木祭壇が主流ですが、白木祭壇の変わりにお花だけで飾る祭壇を花祭壇といいます。メリットとして、華やかで綺麗、サイズやデザインが自由になる、宗教にとらわれない、そして、費用が白木祭壇に比べて安いという点が挙げられます。簡素なものから、巨大で精巧な芸術作品のようなものまで様々です。
無宗教の葬儀 火葬だけ・直葬
これも一般葬と同じで無宗教葬という厳密な定義があるわけではありません。一般的には、白木ではなく生花で祭壇を作り、焼香の変わりに献花を行い、遺影を飾り、音楽を流します。無宗教葬を望む方は以前に比べれば非常に多くなっていますが、まだ現状では無宗教葬は少ないと言えます。 直葬とは、お葬式を行わず、火葬だけで行う事を言います。先祖代々のお墓があるお寺に相談なしに行うとトラブルの元となります。そして、火葬までの間の安置場所の確保も確認しておきたい事項であり、周囲との相談もしてから行ったほうがトラブルも避けられ、安心して故人とお別れができます。
  • お気軽にお問い合わせ下さい。